26年間

高校時代の友とのやり取りで、卒業後にお誕生日にみんなでお金を出し合ってプレゼントをする習慣となって以来早、26年。一足はやくプレゼントが届いた。未だにずっと3人でのやり取りが続き今年も一番お誕生日の早い私にプレゼントが届いた。始めは商品を聞いて買って物をプレゼントし合っていたが、商品券で渡したりしているうちに、今は現物を贈るのが主流となってきた。私は、ずっと、ロイヤルコペンハーゲンのイヤープレートを毎年もらっていた。かなりの枚数がたまった。飾り棚も今ではいっぱいになったので、今年からは、日常品で今一番欲しいものを買わせてもらおうかと思っている。良いのをまだ検討中で、まだ購入していない。なかなか、自分の好きなものを選べる楽しみと選んでいる最中が楽しい。26年間も続いているのは、自分も含む他の友たちがそれぞれの楽しむ時間をお互いが共有できるのを知っていることと、また実際に商品を購入した時にまた報告し合える事が丁度お互いの近況なども報告し合ったりできるのが嬉しかったりするのが秘訣ではないかと思っている。また、このやり取りをしっている高校時代の友にこの前合い話題となり、「え、まだ続いているの?」とびっくりしていた。

3人は、今東京の新宿、京都の祇園、岩倉にそれぞれ住んでいる。東京で離れていようが、京都だからとしょっちゅう会えるわけでもない。しかし皆のお誕生日辺りは、誰が言い出すともなく、示し合わせたように欲しいもののお伺いを立てて、プレゼントを郵送する手続きを取ったり・・・。自然に担当が決まり各々の下へメッセージとプレゼントが届くようになっている。

26年のなせる業であると思っている。

まずは、早く商品を選び皆へ報告せねば・・・。
13004copy

— posted by 奥井ゆうこ at 04:53 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0149 sec.
prev
2012.4
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30