ネイティヴアメリカンのことわざ

高校の時の友人に数年前偶然、前職の職場で会いました。

高3の時の名簿が前後でいつも前から私の席を向いて話して来る度に担任の先生に良く「そこの2人‼️」と怒られていました。

昨年の3月に前職を退職したらなかなか会う機会がないからと辞めてしばらくしてから必ず会おうと約束し、辞めてひと月程の時に一緒に食事をする事になりました。まだ、ハローワークに通い、職業訓練に行こうか?何がしたいのかも定まらずにモヤモヤした気持ちの時に別れ際にこの手紙とプレゼントをお土産と言って手渡してくれました。

その際には、手紙の内容の様になればいいかな!と思うくらいで特にその手紙の内容は心に響いていませんでした。ハローワークの紹介の会社に数軒面接して頂きましたがなかなか上手く事が進まない状態が続き内心は焦りながらも、手紙の内容の様にプラス志向に自分の都合の良い様に考える事にしていました。

そのふた月後に、この手紙の通りに予想もしない展開の事がアッという間に事がら運び今に至っています。この手紙を読み返してみて、改めて素敵なメッセージをプレゼントくれた友の優しい心遣いに感謝しつつメッセージの意味深い内容に気づきました。

当時の不安な気持ちや焦りの気持ち、何となく落ち付かない様子の当時の自分を思い出しました。もし今、事が上手く運んでいなくモヤモヤした気持ちを持っている方もこのメッセージでポジティブシンキングで考える様にしてみてください。

人生は、全てが思い通りには事が運ぶとは限りません。辛い事、悲しい事、悔しい思いを経験するからこそ、喜びや幸せに気づき嬉しさも倍増する様に思います。

三男Pがこの時期に、進路の事、学校の友人との事、クラブの事など、悩みが沢山ある様で、食事の時に、三男が色々と悩みを打ち明けてきました。

次男がそれに対してアドバイスしていました。次男もその時期に色々と悩んだようでその経験した事やその時の気持ちや乗り切ったからこその話等をしていました。

若い時、大人になっても色んな困難な事を何度も経験して成長して大人になって行くのだと思います。しっかり悩み、方法を考え、自分で対処していく。

メッセージをくれた友人と出会った時がちょうど三男と同じ位の時でした。今もなお、お付き合いしあれこれ励まし合える友は、高校の時の友人が思いように思います。貴重な高校生活で沢山経験をし長く交友を持てる友と出会ってくれたらと願っています。私達の高校の当時の様子と今の様子、メッセージも読ませました。

image

「ふん。いい事書いてあるやん!」と三男の一言でした。

ファイトp(^_^)q

— posted by 奥井祐子 at 11:22 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1763 sec.
prev
2016.2
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29