[ カテゴリー » 京くらし ]

大阪満喫2

仕事の後、野球観戦に行きました。

image

初めて行く場所。中はクーラーも効いていて快適でした。

しかし、後ろ席の中国人観光客に憤慨。飲みものこぼし下に置いていた鞄浸水。また、背中にドンドンとミニバットを当ててドンドン響き迷惑。前の席の3組共が後ろを振り向く程。

親子連れでジュースをこぼした子供も悪いけどそれを誤らない親、誤りなさいと言わない親。子どもでなくやはりそういう場合はやはり親が悪いと思うのですが。

前の席の数名の方々は、野球所でなく被害に遭った荷物でバタバタしているのに、大興奮で大声で騒ぎ、あまりのうるささに一緒に行った友人が後ろを振り返ると睨まれ怖い思いをしたと言ってました。習慣の違い?道徳心の違い?

中国人が全てそういう方とは思いませんが、「郷に入れば郷に従え」で最低限の日本のマナーを学んだ方に来て頂きたいと痛感しました。

京都には重要文化財に指定されたものや歴史的に大切な文化財も直ぐに見れる場所に有るだけに観光客のタバコのポイ捨てで火事になったりしたら誰がどう責任を取るのかはっきりさせないと怖い目に遭いそうで心配に思いました。

大阪ドーム入場の手荷物検査のように京都に入る時には関所を設けるまでしないといけないのかと悲しく思います。細かな規則を設けないとならない様な事は来る側、来られる側共に面倒で嫌な気分になります。最低限の相手への思いやりと暗黙のルールが通じるのは日本人独特の文化なのでしょうか。

日本人でも、規則に書いてないからとゴリ押ししてくる方、息子達の学校でも数名の保護者の方が子供をら守る為なのがご自身為の主張を通そうとされていた事を目にしました。子どもさんの立場を考えると居づらい環境になるはずと私なら思いますが。

帰りの電車中で今日の振り返りをダラダラ書いてしまいました。

— posted by 奥井ゆうこ at 09:30 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

 

大阪満喫

朝から終日堂島で会議。

image

— posted by 奥井ゆうこ at 09:27 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

ベランダからの眺め

バジルとしその鉢植えを育てています。後ろには、秋に実る栗の木に緑のイガが映えます。

image

緑イガってチクチク痛くないんですよ。

— posted by 奥井ゆうこ at 07:34 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

プレモルでもお馴染み

プレモルの美麗袋のデザインの濱文様さん😁

image

— posted by 奥井ゆうこ at 03:17 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

 

街ぶらぶら

久しぶりに河原町界隈を昼から夜まで歩き回りました。中学や高校の時以来、女子と色んなお店に入りあれやこれやと話しながら楽しい買い物ができました。

新京極や寺町、神社やお寺巡りもできました。蛸薬師さんで自分の痛む箇所と同じ場所の置きものの蛸を摩ると不思議と右腰が軽くなったように感じました。おかげで7時間近くうろうろしてもちっとも疲れませんでした。

細い路地で可愛いお店発見!
image

— posted by 奥井ゆうこ at 03:07 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

 

京都でデート

お昼な河原町で待ち合わせ。神戸から友人が来てデートしました。

お昼は、おめんさんで。鱧の天ぷらに細うどんのセットにしました。

image

— posted by 奥井ゆうこ at 02:58 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

腑に落ちないYDK

トラップにはまる気分というか?

「やれば出来る子なんですが」「どうしたらやる気出るんでしょうか」と良く懇談会で聞く言葉。それを帰って子ども達に報告していつも子どもからの返事は「じゃ、やれよ!」と言う言葉。ホントに一言でおっしゃる通りとスッキリ納得する会話です。

いくら親が言っても自分からのやる気を出さない限りはなかなか動かない我が家の息子達。どこのご家庭でもそうではないでしょうか?

幸いな事に上の二人には勉強しなさいと注意した記憶がない程。三男Pのみには注意しますが、一向に聞く耳持たず。

半ば放任状態の様な形になり2年生で出席日数が足りなくなったと急に焦り出し、「それくらいは数えて休まなどうする?」と私が言う間もなく兄に注意され愕然となる三男。急にシュンとなり落ち込む姿は何度も見る光景です。お決まりの言葉、「何でママ言ってくれへんかったん?」と人のせいにし出す始末。典型的なあかん感が漂う会話。

私が言う間もなくすかさず次男に「何回も言ってるん聞いた」と反論されズタボロになる三男。「だからいつも言ってるやん」この時に留めの一言。

やらない子が急にやり出すきっかけは様々ですが普段やらない子がやり始めると普通の事でもすごい事をやってると言う風に周りが思ってしまうのが不思議。ただ普通の事しているだけなのに。

三年生になり自分から朝早く起きし遅刻なしで行ってる三男P君。当たり前の事なんだけど我が家で、最近偉いとか話題になるのが末っ子特権なんでしょうか。

また、それとは違い、普段出来るのにやらない人が動くとそれだけで家族サービスされたかの様な錯覚に陥るのも不思議な気分になります。

私もやらない邪魔くさい事をいとも簡単にやり「パパすごい」と過大評価されるのは何だろうか。本当にいつぶり?すごい家族サービスを行ったかと言うような雰囲気を醸し出されると何だかなぁ・・。

でも確かに美味しい事には間違いないし、人が作ったものを頂けるのは有難い。毎日は続かないが2日続けて美味しいバナナジュースが飲めた事はすごい事として家族の記憶に残るのも不思議。

image

ひとつだけ成長したと思えるのが後片付けも出来ていたのが当たり前なんだけど偉いと褒めたくもなる不思議な気持ち。

— posted by 奥井ゆうこ at 11:58 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

巣立ち

初めて沢山の雛が無事に帰り、飛び立つ姿を見る事ができました。

巣から出て親鳥のエサを並んで待っています。

見ると真ん中のツバメが2回立て続けにエサを貰っています。

image

— posted by 奥井ゆうこ at 12:03 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

雛が育っています

沢山の雛が一度に帰り、巣から落ちそうな程まで大きく育っています。

image

— posted by 奥井ゆうこ at 11:57 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

 

やっと今年初めて。

家のガレージにツバメが毎年巣を作ります。

ヒナが孵ったと思えば毎年猫に襲われて我が家からは10年以上も住んでいたのに一度も巣立ちを迎えた事がありません。

主人が猫よけのものを調べて三男が作り設置しました。

今年初めて巣に沢山のヒナがいるのが嬉しいです。このまま元気に巣立ちができるようになれば良いと願っています。

image

— posted by 奥井ゆうこ at 09:16 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

7月に入りました

四季の行事や町並みで季節を感じ感じられる所がステキ。

毎日慌ただしく過ごし四季の楽しい移り変わりを感じる事をついつい忘れがちにあるなります。

下を向いていたら気付かない発見。前を向いて歩けば季節を感じれられる良い発見がありました。

image

— posted by 奥井ゆうこ at 11:28 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

夏越の祓いと水無月

今日は一年のちょうど半分の日。

夏越しの祓いには水無月を頂きます。

image

— posted by 奥井ゆうこ at 09:12 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

おつまみ

今日、ビールに合うようなことが書いてありました。

image

— posted by 奥井ゆうこ at 08:57 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

梅雨の晴れ間に

今日はお休み✴︎

梅雨の晴れ間の手仕事を朝から片付けてしまいます。

お風呂マットなどの洗濯も終わり、ようやく1年に一度の作業に取り掛かれました。

明日から梅田での仕事で朝早く晩が遅い日が続きます。仕事を持つ主婦にはカレーライスは強い味方ではないでしょうか。我が家でもかなりの頻度で登場するメニューです。

そういえば、料理学校に通っていたしばらくはルーも手作りしていました。その時の先生いはく、カレーは決して手抜き料理ではない。しっかりルーから作ると手間隙かけた料理なんだから。カレーで手軽にとは言わないで!とおっしゃっていたのを思い出しました。

昔の人は、洗濯も手仕事。洗濯機のボタンを押している間に今の様に別の仕事ができた訳でなかったと思うと家事は大変重労働であったと感じます。今、空いた時間を仕事をする時間に回し結局は同じ時間の労働をパート等で家計の足しにとしている方も多くなりウーマンリブ、女性進出で男女雇用均等法などが誕生してきました。選挙権も昔は女性はなかった時代から男女差別がなく平等になる選挙権獲得したとの事ですが、その間の男子男子はそれを受け入れたという事は分かりますが一体どういう歴史があり変化があったんでしょうか?ふと、作業中の頭によぎった事を合い間に書かせてもらいました。

そう考えるとタフでないとやってられないですよね。身体共に元気でいるには日々充実した生活が必要ですよね。そう思うと男女雇用均等法では満足行かない訳です。家でも、社会でも女性をよいしょしてこそ円満な生活になるんじゃないかと私は思います。映画館でもレストランでもレディースディのサービスを受けられプチご褒美があるから明日から頑張ろうと思える訳です。女性だけでなく、家事を担当している男子や主夫の方にも嬉しいサプライズがあれば日々の生活も潤うはずです。例えば市府民税が一部免除になんかは夢の様な話ではないですか。

さて、話はカレーの話に戻ります。カレーと甘酢で漬けたらっきょは最強tagです。お酢でさっぱり❗️疲労回復!も期待して。ビールのおつまみにもぴったりです。

サラダが出来ない時には少し安心食材と思って毎年この時期には欠かさない作業となりました。我が家では2キロ漬けても一年間持たない時もあります。

さっと湯通しして、天日干ししている間に郵便局へ行って買い物済ませてきます。明日からのおかずを作り置きしなきゃなりませんので。長くなりました。

image

— posted by 奥井ゆうこ at 11:50 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

玄関前の紫陽花

玄関前の紫陽花は、実家からもらった挿し木で植えたものです。

実家では深いピンク色が気に入りもらってきたのですが、我が家の土ではブルーになりました。

雨に濡れた紫陽花も美しいですが、晴れ間に咲く陽が差した紫陽花も綺麗です。

image

— posted by 奥井ゆうこ at 08:02 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0770 sec.
prev
2018.4
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30